模型_クローズアップ

各植生にみられる木造民家


 

 

 

 

石全保(シクァンパオ)家実写照葉樹林

石全保(シクァンパオ)家
貴州省
中華人民共和国

貴州省都柳江沿岸の斜面に住む現地人は、柱や梁に束や貫を組み合わせた構法(穿闘式)で高床の住居を自在に建てている。2階の中央に炉を置いて居間兼台所にし、山側の南を寝室にしているが、2世帯で利用するため、川側に張り出した縁廊へ階段で上がってから別々に入る。川から見れば吹放ちの縁廊は3階にあり、その床を吊る垂花柱の下端には独特の彫刻が施されていて楽しい。屋根勾配は緩く、杉皮葺きが普通である。
階下は公道に通じ、脱穀場や畜舎、倉庫がある。村はずれには高床式の群倉があり、稲作と木造建築の伝統が営々と受け継がれてきた地域といえる。

 

解説写真

解説写真

解説写真

解説写真

巨洞集落の全景
川沿いの傾斜面に寄り沿うように家屋が建てられている

群倉
(米倉の群れ)
洪水の被害を防ぐため、集落より高い位置に米倉をまとめている

鼓櫓
祭事や集会場として利用され、村の象徴としての意味合いも大きい

風雨橋
雨の多い風土と優れた建築技術が見事に融合した橋

 

 

 

 

解説写真

解説写真

解説写真

解説写真

家屋内部
囲炉裏

家屋内部
踏み臼

家屋内部
屋根裏

家屋内部
階段

 

 

 

各植生にみられる木造民家

木と森林とのくらし・文化の先頭へHOME