植生_クローズアップ 世界の代表的な4つの植生

  

 

亜寒帯針葉樹林

亜寒帯針葉樹林

亜寒帯に発達する森林で、タイガ、北方針葉樹林とも呼ばれている。北半球のユーラシア大陸とアメリカ大陸の周極地帯に分布している。日本では、亜高山帯に広がるが、兵庫県内には分布していない。
雨がやや多いところに発達する常緑針葉樹林(モミ属、トウヒ属など)と、夏と冬の気温差が大きく乾燥気味の所に発達する落葉針葉樹林(カラマツ属など)に大別される。樹冠はモミ属、トウヒ属、マツ属、カラマツ属などから構成され、林床にはスゲ類、コケ類、コケモモなどが見られる。


夏緑林

夏緑林

冷温帯の比較的雨の多い地域に発達する落葉広葉樹林の一つで、東アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどに広がり、日本の山地帯、兵庫県では氷ノ山、三川山、六甲山などにわずかに残存している。冬季の落葉の他、春季の新緑、秋季の落葉と四季感があり、景観的に美しい。樹冠は25m程度に達する。
森林の構成種としては、紅葉の美しいモミジ類、ナナカマド、ツタウルシなど。木材として用いられるナラ類、トチノキ、ホオノキ、トネリコ類など。早春に開花するアネモネ類、トリリウム、バリスや、外国産種のシュガーメイプル、リンデンバオム、マロニエなどがある。中でもブナ林は最も代表的な夏緑林の一つである。


照葉樹林

照葉樹林

温帯の多雨地域に発達する常緑広葉樹林の一つで、西南日本、中国南部、フロリダ半島、熱帯山岳地帯などに分布している。日本では神社や寺院に保護されて残っている場合が多く、但馬の絹巻神社、宇都野神社にも大規模な樹林がある。クチクラ層のよく発達した光沢ある葉(照葉)を持つ樹木から構成され、積乱雲状の樹冠は30mに達する。
この樹林の植物は、サカキ、シキミ、オガタマノキなど祭儀に用いる樹木や、ツバキ、サザンカ、クチナシ、ヒイラギなど庭園木として身近なものが多い。県木のクスノキもその一つである。また照葉樹林文化とは、東アジアの照葉樹林地帯に発達した基層文化のことを言う。


熱帯雨林

熱帯雨林

熱帯の多雨地域に発達する常緑広葉樹林の一つで東南アジア、アフリカ、アメリカの広範囲にわたって分布する。最も発達したさまざまな生物を持つ樹林で、比較的大きな突端の滴下先端と呼ばれる葉を持つ植物が多く、絞め殺し植物、大型ツル植物、大型着生植物、木生シダ植物、幹生花、板根など他の樹林では見られないものがあり、超高木層は70mにも達する。ドリアン、マンゴスチン、ランブータンなどの果木、フタバガキ、コクタン、シタンなど木材として利用される樹木、ビャクダン、ジンコウ、バニラ、チョウジなど香料として用いられる植物など有用植物の宝庫である。しかし、近年は伐採が進み、この樹林は大幅に減少している。


木と森林とのくらし・文化の先頭へHOME